¥ 2,800 (税別)
280mm(W) × 210mm(H) | 80頁
デザイン:菊地敦己

ご購入をご希望の方は、お名前、ご住所、お電話番号をご明記のうえ、
下記のメールアドレスまでお知らせください。
折り返し、お振込先などをご連絡申し上げます。送料は無料です。

info@mt-erz.com

昆虫の力強さに気持ち悪さを感じる。
また子供の頃はアリの大群をみると踏みつけたくなった。それらはどうしてだろう。
対象物の生命力を強く感じたとき、人はそれを恐れたり壊したくなったりするのではないか。
人間自身も「読書のむし」「仕事のむし」と1つの方向へ向かって熱中する様を「むし」というようだ。
その姿は一見すると浅ましいようにみえるが、その先にある生きる力、「生きるむし」の姿は
時として静かで力強く美しい。
この作品はそれら「むし」たちの姿と周辺を撮影し、それぞれが何かを想う力強い願いみたいなものを
誰かと共感できたらと思い制作されたのであります。